グレードアップ版「魂の設計図の解読セッション」

これは、何度も言ってきた事ではありますが、

《「魂の設計図の解読セッション」は「占い」ではありません。》

ですから、「あなたの運勢は、いつから良くなるよ」とか「あなたは、○○の相が出ている」なんて、「お気楽」なモノではなく、あなたの「宿命」を「読み解く、セッション」となっています。

《「運勢」なんかは絶えず「移り動く」ものです から、「人生レベル」の物事に対しては、ほとんど「役に立ちません」。それに対して「あなた」が「どうなりたいか?」の問題は、それ相応に必要な「年月が掛かる」からです。》

その間に「あなた」の「運勢」は既に「何回も回転」していることでしょう、「運勢」とは一時の事です。
大切なことは自身の「宿命を知る」ことにあるのです。

以前は「魂セッション」の際に、読む「相談者」にとっての「対象者」の「情報」はプリントアウトした「写真」や「愛用の品」等の、「個体物」をお願いしていたのですが、

《現在では、「スマホ上」での「デジタルデータ」からも「読み取り」が可能になりましたので、より「確度の高い、情報」を広く得る事が出来る
様になりました。》

これは、私の「技術面」に関する「意識的変化」が可能にしたのですが、言葉にしますと「全く違う技術」を使っているのが、お分り頂けると思います。

「物には使った人の魂が宿る」と言います。

私が「魂セッション」において、「相談者」の「対象者」が「相談者」にとって、いったい「どんな存在なのか?」を知りたい場合、「写真」や「愛用品」等の「物質」から「トンレン」による「読み取り技術」によって「対象者」の知り得ない情報を得ていました。
これに比べますと「スマホ画面」から得られる情報とは「モノ」とは異なり「デジタル」ですから、一見するとモノに宿る情報の様に「立体的」ではなく、「薄っぺらい情報」に感じていた訳なのです。

実際、去年迄は極力「写真」や「モノ」をベースに「鑑定」を進めていたのですが、現代では誰もが「スマホ」や「PC」上でしか「写真」は「保存」していないのが殆どで、そこからワザワザ「紙媒体」に印刷する人はいません。よって「対象者」の情報は「最近」に越した事はないのですが、どうしても「古い情報」を元に「鑑定」せざるを得ないのが実状でした。

そこで、私は「スマホデータ」の「ある性質」に「着目」したのです。

「現代人」は「写真」を「デジタルデータ」として保管するだけで、紙媒体としては保管しません。

元々は「物質トンレン」を得意としていた私でしたが、「相談者」が写真を持っていない場合が多い為に、また「別の手」を考える必要がありました。

《そこで私が「着目」したのが「デジタルデータ上」に浮かんでくる「対象者」の「氣の波=個性」の「波パターン」なのです。》

これを「読み取る」こと自体は、さほど難しい事ではありません、問題はここからです。つまり、私がどんな「新たな技術」を使っているか?と言うと、

《「スマホ」から「読み取った」「対象者の個性」を元に、まず「相談者」の中から「対象者情報」を「読み取ります」。》

これは「モノ」は残っていなくても、近々に「相談者」が「対象者」と「会っていた」可能性が高いからです。

《この場合、「相談者」は「対象者」から「10」の情報を「得ていた」としても、そこには「相談者の思い」が絡んでいる為に、「相談者」の「頭の中」には、大抵2、3個程度の「印象的な情報」しか残りませんが、「相談者の魂」の中には「10」の情報全てが残されているものなのです。》

まずは、この「情報」から読んで「第三者目線」で「シラーっと」解読していきます。まあ、これだけ でも「相談者のエゴ」の部分が取り除かれた、正確な情報を知り得ますが、

《「対象者の波パターン」さえ分かってしまえば、そこから、今現在の「対象者の魂」に遠隔地においても、直接話しを「聞く」ことが可能になります。つまり、これは「日常的」に使用する「遠隔レッスン」に使用する「遠隔トンレン」と同じ「要領」なのです》

相手のパーソナルな「電話番号」さえ分かってしまえば、こちらから、幾らでも「コール」する事は可能になるという訳です。
まあ、これさえ出来てしまえば、「モノ」だけに「問う」よりも、遥かに多くの情報が得られるので、私的にも、より「多角的」で「確実」な「答え」を「相談者さん」に言ってあげれるので、より「安心」なのです。

最終的には、これも「相談者さん」の「思い」一つで決まります。全ては「相談者さん」も「私」も「本気」だからこそ、この本来は「知り得るはずのない」情報が得れるのです。だからもう一度最後に言えば、

《「魂の設計図の解読セッション」は「占い」ではありませんから、本当に「本気」の方だけ「お申込み」ください。ということなのです。》

その代わりに「後悔」はさせませんよ!!

 

詳しい「魂の設計図の解読」についてはコチラ