遠隔レッスン、個人セッションの重要性

毎月、東京、大阪等の「氣塾」で、新たな方々が参加されています。
「氣塾」では、メインの「気脈」の詰まりを取り、「氣」の「循環」を再生し、2番チャクラを稼働出来る状態に仕上げ、正確な呼吸法と、調息法をお教えすることにより、生徒さんが自力で「氣」を生産し、コントロール出来ることを第一目的として、開催しております。

上記の施術は、「行」の為の、初期条件を満たしますので、日々の定期的な「呼吸法」の実践により、「氣」の循環は、更に大きくハッキリとなり、錆び付いていたチャクラも「軽く」なり「回り」も良くなっていくのです。
ただ、初期においては、当たり前の事ですが、ご本人の「氣」の生産能力が限られている為、「氣」の圧力を充填し、満たして気脈も含めて鍛えていく』という「氣塾後」のこの行法は、その後の精神とチャクラの健全で、良い発育を保つ為には大変重要と位置付けています。
もちろん、「氣塾」において、除去した「詰まり」は、そもそも、何十年もかけて、溜め込んだ「詰まり」ですから、その後、何もしなかったからといって、直ぐに戻ったりはしません。
ですが「氣」とは、人が生きて、何をするのにも「関わって」いるのです。
人は「氣」が沈んでしまうと、何もする気が起きませんし、逆に「氣」が上がれば、何かをやる「勇気」が湧いてきます、それほど「氣」とは、生きるに当たっての重要な要素なのです。

「氣塾」に参加して、初期条件を満たしたからといって、「氣」の「操作方法」や「使用方法」をちゃんと学ばないと、「進歩」はありませんし、「宝の持ち腐れ」になります。
ですから、「意」を決めて「氣塾」にご参加されたのでしたら、そのまま、「放ったらかし」にするのでは無く、日々の「呼吸法」と共に、「遠隔レッスン、個人セッション」を受けて、着々と「進化」して行ってください。
なにより、あなたの「大事な人生」なのですから。

「氣塾」 代表 木村丈彦