レッスンの流れ

 

一段目  →  二段目  →  三段目  →  四段目  →  五段目以後

7つのチャクラ

 


 

一段目

「氣」を発生させ、操れる為の「基礎条件」を整えます。「古式マスターヨーガ」の「技法」により、「気脈の詰まり」を取り、氣の「流れ」を作り、「2番」から「7番」までの「氣」の「発生機」である「チャクラ」を使用出来るようにします。専用の「呼吸法」と「調息法」を体得して頂きます。これにより、しっかりとした「陰の氣」を使用できる初期段階をクリアします。

《施術回数の目安
(個人差があります)

【2番~5番 心身の自己制御のステージ】
「2番チャクラ」5回~7回
「3番チャクラ」5回~7回
「4番チャクラ」5回~7回
「5番チャクラ」5回~7回

《彩華=6番,7番を通過する時の儀式》

【6番,7番 頭部に位置する「霊性」を帯びたステージ】
「6番チャクラ」9回~14回

 《彩華》

「7番チャクラ」15回~20回
(小周天,大周天,チャンダリー法の基礎を含みます)

トップに戻る


 

二段目

「一段目」で養生した「陰の氣」に「火」を付けて、「陽の氣」を作る「武当派太極内丹法」に切り替えます。「陽の氣」に馴染み、自身の心身に「種火」を作ります。また、それに相応しい「気脈」に鍛え、各チャクラに「火」を入れて、鍛え上げていきます。

 《施術回数の目安
(個人差があります)

「2番チャクラ」5回~7回
「3番チャクラ」5回~7回
「4番チャクラ」5回~7回
「5番チャクラ」5回~7回
(5番チャクラより「練気波」を体得していきます)

 ↓

《彩華》

 ↓

「6番チャクラ」9回~14回

  ↓

《彩華》

  ↓

「7番チャクラ」15~20回

トップに戻る


 

三段目

初期の「陽の氣」を煮詰め、更に「気質」を上げます。引き続き「内丹法」の技法で「氣」を「練る」段階です。「練った氣」を再び「丹田」に納める「温養」を繰り返し、「陽神」の元を作っていきます。後半にもなると、かなりの「氣」の「浸透力」を持てるようになります。

《施術回数の目安
(個人差があります)

「2番チャクラ」5回~7回
「3番チャクラ」5回~7回
「4番チャクラ」5回~7回
「5番チャクラ」5回~7回

 ↓

《彩華》

 ↓ 

「6番チャクラ」9回~14回

 ↓ 

《彩華》

 ↓ 

「7番チャクラ」15~20回

トップに戻る


 

四段目

再び「古式マスターヨーガ」の「行法」に戻し、「陰神」を鍛えていきます。これにより「万物」の実際の「気質」、「陰陽」の「氣」の「含み具合」を理解していきます。また高度な「念法」の技法を体得することにより、「チャクラ」の概念からの「離脱」を目指します。

《施術回数の目安》
(個人差があります)

 「2番チャクラ」5回~7回
「3番チャクラ」5回~7回
「4番チャクラ」5回~7回
「5番チャクラ」5回~7回

《彩華》

「6番チャクラ」9回~14回

《彩華》

「7番チャクラ」15~20回

トップに戻る


 

五段目以後

(現在一般には公開いたしません)

トップに戻る